梱包方式と事例

運輸環境や相手先(相手国)の状況に仕様を合わせる。

■CASE梱包(ケース梱包)・・・密閉木箱梱包
CASE梱包(ケース梱包)とは、梱包品を合板の木箱等に入れ密閉する梱包方法。CRATE梱包(クレート梱包)とともに、工作機械・機械設備などの重量物梱包に広く用いられる。木材以外にスチールケース、トライウォール(強化ダンボール)を用いるケースもある。雨、ホコリなど外的要因によるダメージ(防水、防湿を必要とする梱包品)から製品を保護し、盗難防止の効果もある。最も多い梱包形態で輸出梱包の定番。精密機械にも推奨。

梱包時に釘のかわりに、ボルトにより締結する梱包方式。
梱包解体時における時間短縮やコストダウンの効果が期待できる。

■外桟開梱箱によるCASE梱包(ケース梱包)
梱包時に釘のかわりに、ボルトにより締結する梱包方式。梱包解体時における時間短縮やコストダウンの効果が期待できる。

■CRATE梱包(クレート梱包)・・・透かし木箱梱包
CRATE梱包(クレート梱包)とは、外から梱包品が見える状態で板の隙間が開いている木枠による梱包方法。透かし梱包ともいう。CASE梱包(密閉木箱)とともに、工作機械・機械設備などの重量物梱包に広く用いられる。木材以外にスチールケースもある。隙間が開いている分CASE梱包(密閉木箱)に比べて安価で、国内向けにも適している。梱包品の局部保護が必要な場合や、防水を必要としない場合に適用。写真は輸出用にバリア梱包(真空梱包)を行ったケース。

製品にベストな梱包方法をご提案。

■主な梱包品目(抜粋)
プラント/機械設備/重機/建機/工作機械/美術品/骨董品//家具/建材/ガラス製品/精密機器(精密機械)/鋼材/危険品/重量物/特大物/他

<国内梱包>
ケース(密閉)梱包: 一般包装(ポリシート等)
クレート(すかし)梱包: 一般包装(ポリシート等)
スキッド(パレット)梱包:  一般包装(ポリシート等)
一般段ボール梱包: 一般包装(ポリシート等)

<輸出梱包>
ケース(密閉)梱包: バリア包装(真空包装)/一般包装(ポリシート等)
クレート(すかし)梱包: バリア包装(真空包装)/一般包装(ポリシート等)
スキッド(パレット)梱包: パリア包装(真空包装)/一般包装(ポリシート等)
強化段ボール梱包: バリア包装(真空包装)/一般包装(ポリシート等)
スチール梱包: バリア包装(真空包装)/一般包装(ポリシート等)

■トライウォール(強化ダンボール)+パレットによるCASE梱包
木箱の代わりにトライウォール(強化ダンボール)を用いた密閉梱包。海外輸出向けの梱包によく用いられる。諸外国の植物検疫規制が強化されたため、木枠梱包に代わる素材として注目されている。木箱に比べ、重量が約1/3程度に軽減されるため、航空貨物に適する。

■SKID梱包(スキッド梱包)
SKID梱包(スキッド梱包)とは、裸でコンテナに詰められない貨物に対して、貨物の下に角材などでゲタをはかせる梱包様式。
近年のコンテナ輸送増により、コスト低減が可能な梱包方法であるが、貨物を保護するものがないため、コンテナ内の組付けや現地の受入れ態勢には十分な配慮が必要である。

■バリア梱包(真空梱包)
バリア梱包(真空梱包)は、機械をバリアで覆い、空気を抜いて真空状態にしたうえで梱包する方法。バリアで真空にした状態の中にはシリカゲル(乾燥剤)が入っており、船便で発生する海水の塩分や湿気、また温度変化による結露からの防錆を行う。海外輸出などに適している。

■スチールクレート梱包/スチールケース梱包
スチール(鋼材)は、木材より強度が高く梱包容量の削減が可能である。また材料の熱処理が不要なことから燻蒸処理指定国向けの梱包に適しているボルト締結のため、現地到着後の開梱時間も短縮できる。さらに開梱後のスチール(鋼材)は、リサイクルが容易というメリットもある。スチールクレート梱包は、スチールケース梱包に比べ、スチールの使用量が低減できる特長を持つ。スチールケース梱包は、近年の諸外国における植物検疫規制強化に対し、検疫処理の必要がないため注目が集まっている。

■不倒桟木箱
ガラスなどの梱包に用いられる。商品の形状や仕様、また輸送環境にあわせた木枠をおこす。

PAGE TOP